安芸城跡外堀 [安芸]|四国東南部(徳島・高知)の観光ならあまナビ

テーマから選ぶ

安芸城跡外堀 [安芸]

安芸城跡外堀 [安芸](イメージ)

クリックすると拡大表示します。

テーマ
古代から安芸地方を支配してきた安芸氏の居城。延慶元(1308)年、安芸親氏によって築かれたといわれている。安芸氏は、戦国期には土佐七雄の一人に数えられ、「安芸五千貫」を領有する大豪族として、土佐国東部で最大の勢力を誇るようになったが、永禄12(1569)年、土佐統一をめざす長宗我部元親に攻められ、激戦の末に敗れた。安芸城は、安芸平野のほぼ中央にあり、標高41m、東西100m、南北190mの長楕円形をした平山城の頂上からは、安芸平野や太平洋を一望できる。現在は詰のほか、二の段、三の段などの曲輪や堀切、虎口の遺構、大手門の枡形などが残る。外堀には、夏になると白連が咲きほこる。
住所 高知県安芸市土居953-イ
電話番号 0887-35-1011(安芸市商工観光水産課)